山形のグルメ

東根市 東根温泉 オオタ湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東根市 東根温泉 オオタ湯
Source【メキシカンふらいやぁ】
————————————-
東根温泉のオオタ湯へやって来ました。
DSCN5707
 DSCN5706
温泉街の中心から少し離れた場所にある日帰り温泉施設です。
何度か来たことはありましたが浴槽リニューアル後は初めて。
DSCN5708
外観は変わっていないため、外からではリニューアルは分かりませんね。

館内は木材がたっぷりと使われたリラックスできる空間です。
DSCN5720
以前は軽食もあった気がしましたが、今は飲み物やアイスだけのようです。
料金は番台で直接支払います。
今回は温パス利用で50円引き。
いつの間にかPayPayでも支払えるようになっていました。
年末の土曜日ですが、さすがに10時頃は空いています。
比較的女風呂のほうが賑わっているようですね。

DSCN5721
浴室は番台の脇ののれんを抜けた先。
湯温が表示されるのは気の利いた仕組みです。

脱衣所も木材が全面に出ています。
DSCN5709
 DSCN5712
さほど新しい施設ではないはずですが、きれいに手が行き届いています。
空調のほか空気清浄機もあり快適ですね。
DSCN5713
コインロッカーと貴重品入れはありますが有料です。
10円と安いものの小銭の準備を忘れずに。

温泉成分表と温泉表示も脱衣所内に掲示されています。
DSCN5710
 DSCN5711
組合15号源泉ですといしの湯や旅館たかはしと同じですね。
お湯使いは循環ろ過使用ですが消毒無し。
新湯を豊富に投入して衛生面は問題無し、かき混ぜるために循環してますってことでしょうか。

浴室は広く、洗い場の数も十分にあります。
DSCN5715
グルッと壁面に設置しているため、背中合わせ側のお湯が飛んでくることもありません。
水圧も温度調整も問題無しですね。

浴槽は重厚な石造り。
DSCN5717
以前は青色の学校のプールのような浴槽でした。
どうも違和感があったので、この石造りの雰囲気はいい感じです。
かなりの広さがあるため夕方の混雑時にも対応できていそうでした。
DSCN5719
お湯は薄い茶褐色で少し濁りが見えます。
鉄分というよりモール系でしょうか。
匂いは無く、弱いアルカリ性ですがヌルヌル感は感じません。
投入されたお湯は浴槽の縁から溢れていますが湯船の幅が広いため、よく見ないと分からないですね。
湯温は約42℃といい塩梅ですね。
お湯自体はあっさりしていますが、見た目はしっかり温泉しています。
万人向けの親しみやすい温泉でした。

【メモ】
入湯料:400円
受付時間:6:00~22:00(退館)
定休日:無休
駐車場:有り
鍵つきロッカー:10円有料ロッカー&貴重品入れ
アメニティー:ボディーソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー、体重計
設備:内湯
内湯 加水:気温の高い期間のみ 加温:無し 循環ろ過:水温均一化のため循環ろ過 消毒:不使用
その他:



————————————-
もとのWEBサイトでこの記事を読む→東根市 東根温泉 オオタ湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. cafe mamenoki (まめのき)
  2. 天童市 手打ちそば やまぶき
  3. 麺処いばらきの味噌らぁめん(天童市)
  4. 肉そばまるりの肉そば+ミニ鶏から丼セット(山形市)
  5. 「そば処 あじこば」~牛すじ油つけ中華~ 山形県寒河江市西根上川…
  6. 山形市 黒沢温泉 一陽館
  7. 宮城野区 寿司吉 カキフライ定食
  8. 太白区秋保 cafe HACHI 日本一のナポリタン

スポンサーリンク

PAGE TOP