山形の神社

山寺日枝神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山寺日枝神社
Source【心の癒し~神社・仏閣巡り~】
————————————-

やまでら ひえじんじゃ

山寺 日枝神社

 
与野党に各1台(1人)、AI議員がいたら、合理的で忖度なしの、まともな案がでるかもね口笛
各案に対するシミュレーションもほぼ完璧。
自粛自粛でことしのG・Wは何してようかなぁ~。スクラッチアートでもしてみようかな。
さてさて、
おはようございます\(^o^)/
 
本日もご訪問ありがとうございます
m(_ _)m
 
 
【鎮座地】山形県山形市大字山寺4449-4

【御祭神】大山昨命、大己貴命、伊邪那岐命、伊邪那美命、国常立命

【創建】貞観2年(860年)

 

 

【正面の鳥居】

 
 
立石寺根本中堂から入ると、御神木が目を引きます。

 
立派な御神木です。

 
 
山形市の指定天然記念物になってる山寺の大銀杏。

 
 
【拝殿】

 
 
【拝殿扁額】

 
【案内板】

 
由緒(山寺日枝神社HPより)】

奇岩佳勝、史跡名所地として知られる山寺の日枝神社は貞観2年(860年)、後に天台宗の第三座主となる慈覚大師円仁(じかくたいしえんにん)が宝珠山を開基する際に、比叡山延暦寺に倣って山寺一山の守護神として近江国坂本の日吉大社(ひえたいしゃ)より御分霊を勧請し祀ったのが始まりです。

神社は当初より山王権現、またの名を大宮大権現と称され二ノ宮、三ノ宮、客人権現、更には山王二十一社の規模が整えられ、天台宗派の手により、山王神道の神仏習合における東北地方の一大根拠地となりました。

しかし、大永元年(1521年)には、山形城主である最上家の家督親族争いの巻き添えに伴い、天童城主「天童頼長」等の一軍により山寺一山はことごとく焼き討ちされ、当社も廃儘と帰したが、天文二年(1534年)には、一山の守護神として、当社を先ず再建せらるに至りました。

明治3年、政治の神仏分離令により、立石寺とは切り離し山寺村の守護神として日枝神社と社名を改め村社の社格を有することとなり、ここに1000年に及ぶ立石寺の当社への別当は終止符を打つ事となりました。

 

 

【亀の甲石】

 
特定の願意がある方は左記を参考に小銭を供えて下さい。

 
 
僕はいつも『信用・達成』の所に供えてます。

 
 

 
 
【神輿殿】

 
 
      【御朱印】令和2年4月4日(土)拝受
 
初穂料は300円以上です。
500円以上の方には栞付き。
1000円以上の方には栞+お茶付きです(笑)
 
僕の個人的な考えですが、このようなシステムはあまり好きではありません。
 
 
だったら最初から御朱印料は500円にして、皆さんに栞を付けましょう。さらに言うなら、1000円にして、栞+お茶をあげて下さい。
 
あくまでも僕の意見です。
 
 

 

最後までご覧頂き有難うございます

d=(^o^)=b

————————————-
もとのWEBサイトでこの記事を読む→山寺日枝神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 15日詣り★名取熊野三社
  2. 大化の改新発祥地★談山神社
  3. 太日月大神之宮
  4. 全仏山 青龍寺 ②
  5. 令和4年★初日の出
  6. 極楽山 西方寺②
  7. 旅立稲荷神社
  8. 法霊山 龗神社

スポンサーリンク

PAGE TOP